​診療メニュー

Medical menu
head.jpg

■小児歯科

歯科医院に行くのを嫌がるお子さんは多く、好きだというお子さんを探す方が難しいのではないでしょうか。小野歯科医院では来院することは怖いことではなく、楽しいことだと感じてもらうことを大切にし、お子さんが怖がらなくてもすむような優しい対応を心掛けています。

乳歯が生えたら・・・

326c2a42ae4e5d5e3ef2b5c6fc68b7f9_s.jpg

小児歯科は、お子様の歯の健康維持には欠かすことができません。子どもの歯は虫歯になりやすく、お口の中の環境も大人に比べると虫歯に侵されやすい条件を備えています。

乳歯が生えてきたら、まずは歯医者さんに行かれることをお勧めします。

乳歯は発育期の成長にかかわるだけでなく、永久歯に影響し一生の健康を左右します。

乳歯の役割

乳歯には永久歯を正しい位置に導く役割があります。

食べ物を噛み切ったり、かみ砕いたり、引き裂いたりします。

326c2a42ae4e5d5e3ef2b5c6fc68b7f9_s - コピー

顔や顎の発育を助けたり、顔の形を整える働きがあります。

乳歯が健康であることによって発音が正しくキレイになります。

名称未設定-1.png

​歯は生え変わるからと虫歯を放置してませんか?

上記のように、乳歯には乳歯の重要な役割がきちんとあります。子供の食生活や、きちんとした歯磨きは大人にしか管理できません。大人が正しい知識と実行力を持っていれば、まず虫歯にはならないものです。乳歯はいずれ抜けて永久歯に生え変わるからいいわ・・・と虫歯になっても放置していませんか?

子供の予防歯科

child_img01.jpg

フッ素塗布

フッ素がより効果を発揮するのは永久歯が生えてきた時期の歯です。
生えたての歯にフッ素によるケアを行うことで、より効率的なむし歯予防につながります。
3~6ヶ月間隔でフッ素塗布をすることにより、より効果的に歯を強くすることができます。

06 (2)_waifu2x_art_noise2_scale_tta_1.pn

フッ素入り歯磨き

歯の表面のエナメル質が溶け始め、歯の表面が黒くなります痛みはほとんど感じませんが放っておくと虫歯が進行する状態です。

毎日の歯磨きでフッ素入りの歯磨き粉を使用して歯そのものを丈夫にし、虫歯を防ぎます。

当院ではフッ素入り歯磨き粉も販売していますので、お気軽にご相談ください。

326c2a42ae4e5d5e3ef2b5c6fc68b7f9_s - コピー

シーラント

シーラントは、虫歯になりやすい奥歯の溝にシーラント材を流し光を当てて固め、溝をふさいでしまう方法です。

歯を削る必要がありませんので、小さいお子様にも安心して使用できます。

シーラントは生えたての奥歯にもっとも有効ですのでだいたい6歳~7歳、11歳~13歳ごろが最も適切な時期と言えます。